七走一坐**肺がんとの共存生活**

わたしは、31歳の時に肺がんステージⅣbを宣告されました。今同じ悩みを抱えている方がいたら少しでも救ってあげたい。そんな想いからブログを書くことにしてみました。

スポンサーリンク

10時間の車の旅

こんにちは。

 

 

実は昨日、ハマーさんというわたしのフォロワーさんが10時間もかけてわたしに会いに来てくれました。

ハマーさんはツイキャスにもよく来てくれる人で割と仲良しの人。

Twitterからリアルで会うのはこれで4人目。

なんだかとても嬉しかったです。

お土産に、今テレビで話題のプリンを買ってきてくれました。

f:id:mya111:20200114074933j:image

それがこれです。

 

わたしは真ん中の、ハマーさんは右側のを2人で食べました。

すごくとろけるような食感のプリンで人生で1番美味しいプリンに出会いました。

 

それから2人で写真も撮りました。

f:id:mya111:20200114075206j:image

 

ハマーさんは顔出しNGなのでスタンプで失礼します。

わたしの顔はもうお馴染みだと思うのでスルーで(笑)

2人でみゆきさんの話もしました。とっても悲しかったけど、強く生きてて素敵な人だったよねって。

ハマーさんとはもっとたくさん話していたかったけど、何せ片道10時間。

あっという間に時間は過ぎてしまいました。

 

また会おうねと約束してさようならしました。

 

ありがとうございます。

ハマーさんはいつもわたしに寄り添ってくれる優しくて頼もしい人。

相談にも乗ってくれたりする。

 

またぜひ来てください。

 

 

もうすぐわたしの誕生日…

プレゼントも募集してます。出来ればスイッチ…(図々しいやつ)

 

にほんブログ村 病気ブログへ
↑ランキングを確認する

脱走

こんにちは。

 

わたしは何かいつもまちがえている。1つの事に集中してしまうと目の前が見えなくなっちゃう。

昨日、本当に死にたいと思って、病院で泣き叫びました。でも叫んでも泣いてもなんにも解決しない。

思ってることが違うから。

そして、看護師さんは何もわかってくれない。だって看護師さんだって元気な人だもん。わたしの事なんて分かるわけない。

将来が見えないわたし。

わたしには何も無い。

周りのみんなは幸せそうなのにわたしだけなんで…

つらい。

苦しい。

なんでわたしだけこんなに必死に我慢して生きなきゃ行けないの?わからない。

甘えてると思われても構わない。

だって本当に頑張ってきたから。

一人で何もかもやってきた。

なのに何も報われない。わたしって何なんだろう。

報われないことばかりで嫌気がさす。

真っ暗闇の中を1人でずっと歩いてる感じ。

だから昨日病院を抜け出した。

抜け出したって気づかれない病院。

看護師さんもわたしのことなんて何も気にかけてないんだろうな。

もう疲れちゃったよ。

きっとこの先も変わらず1人だから。

大変なのはわたしだけ。

まだ冬の寒空はとても冷たくて私の体を冷やしていった。

雪も溶けて雨が降った後なのか、地面はツルツル。

何度も転びそうになりながら歩いた。

その時も何度も死が過ぎった。

このまま車にひかれれば…

この川に飛び降りれば…

でもその覚悟はなかった。

黙々と寒空を歩き続けた。

気付くと実家の前にいた。

帰るかは何度も悩んだ。

どうせわたしなんかいなくても誰も心配なんてしないから。

でも冷えきった身体はもう限界だった。

だって薄いパジャマにカーディガンだけだもの。

よくここまで歩いたと思うほどだった。

だから、家に帰ることを決心した。

 

チャイムを、鳴らした。

 

慌てて出てきた母の様子で病院から連絡来たのだろうと予想がついた。

 

「どうしたの?!」

 

慌てて聞く母。

 

 

「病院の人たちは何もわかってくれない。だから帰ってきた」

 

そんなような事を言ったと思う。

 

 

わたしがいなくなっても何もわかってくれない病院の人達が嫌になってしまった。

 

寄り添ってなんかくれない。

中には「笑わなきゃダメ」「泣くと免疫力が低下すゆ」「もっと強くならないと」

って言う人もいた。

 

それって寄り添いの言葉なのかな?

違うと思う。

わたしにとっては追い打ちをかけられてるだけ。

 

こんな病院もうやだ。

先生しかいい人がいない。

 

でも、結局帰ってきちゃった。

 

いやだな。

憂鬱。

 

もう、わたしの居場所はどこにもないみたい。

にほんブログ村 病気ブログへ
↑ランキングを確認する

精神科の先生。

こんにちは。

f:id:mya111:20200107142954j:image

 

 

昨日は精神科の先生が来てくれました。

先生が来る前に診療心理士さんが来てくれて、色んな質問をされ、最後に何個かの設問に答える用紙に〇をつけました。

実際結果がどうとかはわからなくて、ただ夜飲む薬が変わっただけでした。

なんていうお薬かはわからないけど、錠剤でした。1つと半粒になってるやつ。

夜はそれを飲んで寝ましたが、溺れる夢を2度も見ました。

不安を取り除かれるどころか、余計不安になってるような…

変に身構えてしまったのかもしれませんね。

なのでまた朝方ツイキャスをして気を紛らわせました。

案外起きててくれる人がいて助かりました。

そのお陰か少しは不安が取り除かれた気がします。

その後寝ることは出来ませんでしたが、少し安心して過ごせました。

みなさんありがとうございます。

いつも皆さんに助けられっぱなし。

本当に感謝。

これからもよろしくお願いします。

みんな大好きです。

にほんブログ村 病気ブログへ
↑ランキングを確認する

ツイキャス

おはようございます。

f:id:mya111:20200106071325j:image

 

 

昨日は旦那が子どもわ連れてきてくれなくて、寂しくて泣いてしまった。

1人になると寂しいし、不安で涙が溢れてくる。

看護師さんを呼んでそばに居て貰ったけど、その看護師さんは

「もっと笑わなきゃダメだよ!」

「悪いことばかり考えてると負けちゃうよ」

「病は気からって本当にあるんだからね」

って嫌な言葉をグサグサ…

どうしよう。このままじゃ心はズタボロになってしまう。

でも今日精神科の先生とお話出来るから、それまで何か繋ぎでもいいから趣味を探さないと…

と、思い出したのがツイキャス

Twitterでもツイキャスしてることを書いたら、たくさんの人が来てくれた。

嬉しかった。

みんなとお話して、心が紛れた。

寂しい気持ちからどんどん元気になれた。

 

すごいね。

人と(っていっても独り言)話すって素晴らしい事だと思った。

みんなありがとう。

たくさん救われたよ。

初めて見に来てくれた人もいつの間にか仲良しになれる。

素敵なアプリだと思った。

これからは、ツイキャスも上手く利用しながら心のケアをしていきたい。

誰が聞いてるか分からないって、ちょっとドキドキしちゃうけど、なんだか嬉しかった。

Twitterだとタイムロスが出るのに対して、ツイキャスはリアルタイムでお話が出来る。

お返事もそんなに待たずに見られるなんて幸せだ。

そんなツイキャス

これからもたくさん利用すると思うので、もし良ければわたしの事フォロー?して見てみてください。

よろしくお願いします。

にほんブログ村 病気ブログへ
↑ランキングを確認する

突然の蕁麻疹。

おはようございます。

f:id:mya111:20200103000923j:image

 

一昨日の夜からこのように、謎の蕁麻疹が発生しました。

決して変なものを食べた訳ではないんですよ。

薬も突然何か増えた訳でもないし…

なんなんですかね。

先生に見てもらったら「なんか変なもの食べた?」と言われました(笑)

「ちょっと触ってみてもいい??」とつんつんされました。

でもその指先から伝わる体温が嬉しかった。

絶対に手なんか握って貰えないだろうから、せめて指先だけでも。と思ったら嬉しかった。

先生の手は少しだけ冷たく、わたしの火照った蕁麻疹を冷やしてくれた。

それがなんとも言えなくて1人喜んでました。

先生との距離感が縮まるって嬉しいんですよね。

先生と話してるとやっぱり楽しい。こんな彼氏がいたら絶対毎日楽しいだろうな。とか1人勝手に妄想してしまいました(笑)

 

多分何かのアレルギーだと思うからかかないようにして、点滴してねと言われました。

言われた通りしっかり点滴しましたが、なかなか引かず、痒みも蕁麻疹も残る。

夜もやっぱり痒みで起きてしまうので、仕方なく、眠剤で眠りました。

(それでも痒みで何度か起きちゃいましたが)

全く寝れなかった訳ではないので、とりあえずよしとしてます。

 

そしてブログランキングいつもありがとうございます!

広告も…助かります。

よろしくお願いします。

 

にほんブログ村 病気ブログへ
↑ランキングを確認する

外泊許可。

皆様あけましておめでとうございます。

f:id:mya111:20200101080849p:image

今年もよろしくお願いします。

 

 

さて、一昨日と昨日で外泊許可を取っていました。

ところが、おうちに帰って早々旦那と喧嘩。子どもを連れて実家に帰りました。

 

実家で子どもと遊びました。

おままごとしたり、ぬいぐるみで遊んだり、パソコンもやりました。

やり方を教えてくれる親切な我が子。

とっても優しい子で嬉しいです。

1番好きなのはママ!と言ってくれます。

本当に大好き。

ママの1番も〇〇ちゃんだよ。と教えてあげたら喜んでくれました。

 

具合いが悪くなると横になってしまうわたしに、とても不満そうでしたが、おさるのジョージを見せてあげると喜んでました。

 

わたしは寝たり起きたり…本当に体調が定まらず嫌になってしまいます。

自分の身体じゃないようです。

そんな状況を理解してくれない旦那。わたしだって元気ならなんでも頑張れるのに…

悔しくてなりません。

 

まだ子どもの方が「ママ具合い悪いの?」と気を使ってくれます。

思い遣りのある子でよかった。

 

夕飯はしゃぶしゃぶを食べました。あんまり食べられなかったけど、お肉が柔らかくてとっても美味しかった。

元気な時にもっと食べたかったなあ。

 

そんなこんなで1日目は無事終了。

夜はやっぱり眠れなかったのですが、かわいいかわいい寝顔が隣にあるだけで、何倍も安心して眠れました。

 

2日目も娘はわたしと遊んだり、じいちゃんと遊んだり。とにかく楽しそうな娘を見てるのが幸せでした。

 

ですが、夕方頃突然滑舌が悪くなり、手が不自由に。手をくるくる回す事が出来なくなって、言葉もゆっくりじゃないと話せない。

こわくなりました。

脳にまで何かおかしな事が起きてるんじゃないかと。

それで急いでお風呂に入り、ご飯を済ませ、かなり早めに病院に戻りました。

 

病院に着いたら、母が看護師さんに病状を説明してくれましました。

サインバルタを貰い、様子を見ることに。

その間は子どもが、折り紙で何やら色々作ってくれていました。

「アイスクリーム屋さん」と渡された黄色い折り紙。

なんだかアイスが食べたくなって、父に買ってきて貰いました。

ハーゲンダッツのチョコレートクリスプ。美味しかった。久しぶりに甘いものを食べた気がする。

次第に気持ちが落ち着いたのか、滑舌も手の方も戻りました。

 

そして家族はみんな帰ってしまいました。

また1人だけの寂しい時間。

でも、楽しかった事を思い出しながら少しだけ眠りにつきました。

が、やっぱりすぐに起きてしまう。

まだ時計は23時。

うーん…困ったもんだ。

 

仕方なくナースコールを押して眠剤を貰いました。

が、やっぱり1時間程度で起きてしまう。

なんでなのか。

わからないけど、何度も寝ようと試みてみる。そうするとまた寝られるが、30分程度しか寝ていなかったりもする。

いつからこんなに寝れなくなってしまったのか。不安からこうなってるのかな。

原因は多分全て精神的なものだ。

 

わたしが弱いから。

泣かないでもっと強くならないと!って看護師さんにも怒られた。

でも、強くなるのって簡単なことじゃない。

難しいんだよ。

強くなれるならわたしだってなりたい。

誰か強くなる方法教えてよ…

 

にほんブログ村 病気ブログへ
↑ランキングを確認する