七走一坐**肺がんとの共存生活**

わたしは、31歳の時に肺がんステージⅣbを宣告されました。今同じ悩みを抱えている方がいたら少しでも救ってあげたい。そんな想いからブログを書くことにしてみました。

変わらぬ生活

こんにちは。

 

がんになっても働ける。

これってすごい嬉しいことなはずなのに

現実は悲しい事だらけ。

 

とても向上心のない責任者。

よりよくしたい施設側の栄養士。

 

施設側が求めることを前向きにやるのが

私たちの仕事。なのに協力してくれない。

 

諦めて争うことはやめましたが

9月の施設のお祭りの事でまた事件勃発。

 

 

責任者の言い方は本当に棘がある。

グサグサ言葉のナイフを刺して

殺しにかかって来るんです。

 

 

遂にわたしの精神も崩壊。

 

 

出勤前から吐き気してたのに

 

もう泣き崩れてしまいました。

そして吐き気が更に襲ってきたので

早退しました。

 

 

お仕事もう続けられないかも。

 

 

悔しい。

 

何にも出来ない自分が悔しい。

 

 

あんなに会社と戦って残ったのに。

 

 

 

わたしはこんなに弱かったんだと

思い知らされた。

 

 

 

仕事内容が嫌な訳じゃないのに。

 

 

 

本当に悔しい。