七走一坐**肺がんとの共存生活**

わたしは、31歳の時に肺がんステージⅣbを宣告されました。今同じ悩みを抱えている方がいたら少しでも救ってあげたい。そんな想いからブログを書くことにしてみました。

定期検査と診察日

こんにちは。


今日は8月3回目(1回目は入院)の検査と診察です。


🌼採血
🌼レントゲン
🌼造影CT
🌼ランマーク注射


朝から動悸息切れで救心でも飲みたいくらい
でしたが、何とか子どもを保育園に預け病院へ。


CTも撮る日は早めに行ってるのですが、通勤ラッシュで毎回道路混んでます。
これが冬になったら…と思うとゾッとします。


採血もなかなか待ちますが、都会の病院よりは全然早く呼ばれます。

採血時に「あれ?今日造影CTある?」と言われ

「え?聞いてませんけど…でもここに造影って書いてますね😅」と返したら

「どっちなんだろうね?わかんないから良さそうな方の血管はCTの為に取っておくね!」となんだかモヤモヤしながらの採血。

うーん…わたしの聞き間違いだったのかなあ?と思うも、いつも造影の時はなんか造影CTですみたいな紙くれてたような?とかあやふやな記憶しかなく、とりあえず行くしかない!とレントゲン後に行ってみたら、やっぱり造影でした…


心の準備を待たずして、この動悸と共に身体が熱くなる気持ち悪い検査を受けてきました。


物凄い吐き気したような気がしたけど、大丈夫だったので、とりあえず大丈夫なんでしょうね。

 

「気分大丈夫ですか?」とかも聞かれなかったので、とりあえず頑張って検査受けました。

 


そして診察…

 


いつも通りのクール(いや、ドライ?)な先生。

「体調どうですか?」の質問に

わたし一気に答える。


ちょっと多分伝えるの苦手だから、訳わかんなかったかもしれないけど、わああああって自分の思うこと話した。


でもその話した内容が“今”起こってる事を最初に話してしまった為、痛みの事は後出しっぽくなってしまい、再チャレンジしてみたけど、そこは骨事態が何か悪さしてる訳じゃないと思うと言われてしまった。。

 

確かに我慢しろと言われたら我慢出来る。
けど、陣痛レベルで痛いよ?
だから耐えられると言っているのだよ?

 

…やっぱり上手く伝わらないようだ。

 

でもでも!!
嬉しい事もあったのです!!


浮腫とか、吐き気とか、動悸とか、痺れとか、痛みの事は話せたけど、感情の起伏に関しては吐き出す勇気が無くて、持ち帰ろうと思ってたんです。

 


で、コレステロール値が結構上がっちゃってるのもあるし、そういう身体の変化もあるから、がん自体はまた小さくなってるということで、休薬しましょうという事になったんですよ。


それで最後に
「気持ちのこともあると思うし、そういった感情の心配もあるから」
って心配してくれたんです🥺


初めて先生に寄り添って貰えた様な気がして
それが凄い嬉しかった♡


今まではツンツンしまくりで、
本当に毎回会うのちょっと怖かったんですよ…
だから、言いたいこともいつも言えなかったりで…


でもこれからはもっとちゃんと言おうと思いました。

 

そしてそのコレステロール値なんですがこれです。

 

f:id:mya111:20190828183651j:plain

 

 

まず、なんで?

コレステロール避けてたよ?

我慢してたよ?

 

わたし実はこのお薬始めてからの食事はかなり摂生してて、パンは作ってたけどほぼ食べずに我慢したり、卵系は一切取らずにいたり、きのこ、海藻、野菜しっかり食べてたんです。お茶も結構飲んでたんだけどなあ。


でもなぜか急激にアップしている…


って感じで先生に訴えたら、薬のせいだから仕方ないよって笑ってくれました。

 

とりあえず薬のせいです。

 

だけど、食事管理は引き続き頑張ります。

 


さっきも書きましたが、がんはまた2cmくらいまで小さくなっている様に見えたので、急激に小さくなったと思います。

分子標的薬には毎回命救われてます。


でもローブレナは副作用がちょっと強いと思います。(副作用ない方ももちろんいます)

 

休薬期間にまたどうなるかわかりませんが、様子見ということで、また2週間後受診となります。

 


今日は朝娘が「マカロンたべたい!」と言ったので、いつも買ってるマカロンのお店に行ったら、まさかの定休日…
仕方なく違うお店に行って買ってきました。


子どもの笑顔でまた頑張れるから。


笑顔見て、頑張らなきゃ!!

 

※すみません。改行直らなくて1度記事更新してます。

ブログランキング・にほんブログ村へ←良ければ押してね♥️