七走一坐**肺がんとの共存生活**

わたしは、31歳の時に肺がんステージⅣbを宣告されました。今同じ悩みを抱えている方がいたら少しでも救ってあげたい。そんな想いからブログを書くことにしてみました。

突然訪れる恐怖

数日前から喉の痛みが酷く、昨日は眠気と怠さが追加。

本日、頭痛、筋肉痛、咳、吐き気が追加されました。

 

でも今日は子どもを予防接種に連れていかなきゃいけなくて、フラフラになりながら任務完了。

待合室でもうとうとしてました。

 

また嫌な事が頭を過る。

 

ステージⅣで闘っていたサバイバー達が次々といなくなってしまってる事に対して、深い悲しみと共に、次は自分なのではないかと物凄い恐怖に襲われる。

 

いやだ。まだ死にたくない。

 

子どもの手を握って、生きたいと願う。

 

 

 

また変な夢を見た。

自分の身体から、どんどん光が上へと排出され、そのままわたしは冷たくなってしまう夢。

 

 

こわい。生きたい。

 

この怠さと眠さが、更にわたしの不安を煽る。

 

 

 

ダメだ。

一度悪いことを考えてしまうと、悪い沼に引き込まれてしまう。

這い上がれ自分。負けるな。

 

自分で自分を応援してみるが、不安は募るばかり。

 

もう泣きたくないのに涙が流れる。

 

 

なんだかもうこのまま人生終えてもいいのかな。

そんな風にも思えて来てしまって、負けそうだ。

 

 

周りに助けてと素直に言えないわたし。

 

 

このまま安らかに眠るのも悪くないのかもしれない。

苦しくないなら、それはそれで良いのかも。

 

 

やっぱり苦しんで死ぬのはこわい。

 

 

こわい。

 

 

助けて。

ブログランキング・にほんブログ村へ←良ければ押してね♥️