七走一坐**肺がんとの共存生活**

わたしは、31歳の時に肺がんステージⅣbを宣告されました。今同じ悩みを抱えている方がいたら少しでも救ってあげたい。そんな想いからブログを書くことにしてみました。

スポンサーリンク

緩和ケアについて

こんにちは。

f:id:mya111:20191215083628p:image

 

 

3日前から遂に緩和ケア開始しました。

緩和ケアの先生はすごく優しい物言いで、とっても寄り添ってくれる先生。

ひとつひとつの事に丁寧に答えてくれて、説明してくれました。

痛みについて主治医には幾度となく訴えてきましたが、いつまでも効かない痛み止め(トアラセット)と、いつも少なく処方されるロキソプロフェン。

ロキソプロフェンは毎日飲むとすぐなくなってしまうので、本当に痛い時に飲んでましたが、すぐに痛みは復活。

でも追加は出来ない。そんな生活をしていました。

 

ですが、今回緩和ケアの先生とよくお話して、お薬を変えて貰うことが出来ました。

夜飲んでがんの痛みに24時間効いてくれるナルサス。それでも痛い時に追加で飲める即効性のあるナルラピド。(これは1時間空けたら何度でも飲めます。)

神経の痛みに効くサインバルタ。(これは夜飲むお薬です。うつ病の薬としても有名なお薬ですよね。)

これでまずやってみましょうとの事。

先生が一通り説明してくれて、その後に看護師さんが再度分かりやすく説明してくれました。

紙にまで書いてまとめてくれました。

どれも眠気が出たり、便秘になったりするかもしれないと言われました。

f:id:mya111:20191215083737j:image

 

夜なので眠気は出てくれた方がわたしとしてはとても助かります。今までトアラセットは3食後だったので、一日中眠い中生活していました。

だから今まで普通に出来ていた家事も、なかなか進まず…少し片付けては、ちょっと寝。洗濯してはちょっと寝。ご飯の用意してはちょっと寝…夜も少し寝ては痛みで起き、少し寝てはまた起きるの繰り返し。

子どもが産まれたばかりの時と同じくらい睡眠不足。うちの子は本当に寝れない子で9ヶ月頃まで毎日24時間。30分〜1時間寝ては泣いていました。

それでも旦那は横で爆睡。手伝ってなんかくれませんでしたね。

いつもワンオペ育児に若干ノイローゼ気味に…辛くて死にたいと思うこともありました。

そんなこと思っちゃいけないのに…

その時だって少しでも子どもを見てくれたら、わたしの心にゆとりが持ててたかもしれないのに。

だからその時のわたしは本当に心が荒んでた。物に八つ当たりしたり、わああ!って突然叫んだり…

そんな日も懐かしいなと今は思えるけど、あの時はすごくしんどかった。

 

寄り添ってくれる人がいたら頑張れる事も、次第に気持ちは後ろ向きになって、何もかも悪いことばかり考えてしまう。

今も同じだ。

 

でも、今回緩和ケアの導入に寄って、こんなにも寄り添ってくれる人がいるんだ…って思えました。

次の日には臨床心理士さんも来てくれて、話を聞いてくれた。

旦那のこと。母のこと。弟のこと。父のこと。

みんな心配してくれての行動なのかもしれないけど、なかなか理解にかけることも多くて…

弟に関しては、もう入院の連絡すらしていない。先日実家に帰って来た時に思い切り喧嘩したから。看護師になって、弟はすごく偉そうな態度をするようになった。看護師ってそんなに偉いの?って思う時がすごくある。

わたしと意見が噛み合わない事もよくあるし、専門用語で話したりするからわたしには理解出来ない事もある。わたしは先生を信じて治療しているのに、それは違うとか、間違ってるとか医者でもないのに口挟んで来て、嫌気がさす事がある。だからそっと距離を置いている。

弟はわたしが心配だからと言いつつ、自分は看護師だからなんでも知ってるんだ!と盾突きたいだけなんだと思う。

 

話が脱線しちゃいましたが、薬の効果についてお話ししたいと思います。

飲み始めて3日目。ナルサス、ナルラピド、サインバルタに変えたことに寄って、とても痛いから少し痛いくらいに痛みは治まりました。

そして、少しポジティブな方へ前進できたかな?って思っています。

初日はナルラピドが効くまでに1時間程かかっていましたが、今は10分程度で痛みが鎮まってくれています。

また飲み続けて、わたしの感じた事を書き綴りたいと思います。

 

少しでも誰かの参考になるといいな。

にほんブログ村 病気ブログへ
↑ランキングを確認する