七走一坐**肺がんとの共存生活**

わたしは、31歳の時に肺がんステージⅣbを宣告されました。今同じ悩みを抱えている方がいたら少しでも救ってあげたい。そんな想いからブログを書くことにしてみました。

スポンサーリンク

サンタクロースの役目。

おはようございます。

f:id:mya111:20191219072925j:image

 

 

クリスマスも帰れそうもないわたし。

実は今年も旦那が夜勤なので、わたしがサンタクロースをしなくてはならないのです。

でも、サンタ不在。

 

どうしよう。

 

悪い子にしてたから来ないのかな…なんて思ってしまったら可哀想だ。

娘は間違いなく、いい子にしてた。

確かに悪い子の時もたくさんあったかもしれない。

でも、こうしてママがいなくてもちゃんと頑張ってくれてる。

それだけでプレゼントを貰えるだけの「いい子」に値すると思う。

 

今年のサンタからのプレゼントは

ディズニーのパソコン(ばあちゃんから)と

光るキーボード(わたしと旦那から)です。

 

いつもまだまだ小さいままでいて…と抱きしめるわたしに「ううん!早く大きくなりたい!大きくなって、パソコンやりたいの!」と言う娘。

パソコンできる=大人なようです。

 

キーボードはなんで欲しいかって言うと、好きな保育園の先生がいつも弾いてくれるから、自分も弾けるようになりたいんだって。

でも光るやつ限定…

これにはわたしたち親も参りました。

だって高いんですもん。

型落ちしたやつを、2人で半分ずつ出し合って買いました。(本当はわたしの方が多く払ったけど…怒)

 

そして買った後に「サンタさん!アナのしゃべるぬいぐるみください!」と言い出した日には参りました……(笑)

 

何度も「あれ?〇〇ちゃん、欲しかったのピアノじゃなかったっけ?」って訂正させるわたし。

「ううん!やっぱりアナがいいの!」

 

あちゃー……

これは待てばよかったパターン。。

トイザらスの500円値引きクーポンが12/4までだったので、慌てて買ったのが間違いだったのかな。

そんな事思いましたが、もう遅い。

何としてでもキーボードにかえないと!!

そう思いながら、毎日必死の説得。

そのうちやっぱり光るピアノがいいと言うようになったので一安心。

と思いきや、わたしの入院。

 

うーん…どうしよう。

キーボードは大きいからなかなか実家にお願いするのもなあ…

旦那に休み取ってもらうしかないかな。

 

でも、喜ぶ顔…見たかったな。

きっとすごく幸せな顔するんだろうな。

去年よりもまたお姉さんになったから、リアクションもきっと大きいはず。

それを見られないのは残念だ。

 

「やったー!わーいわーい!」と喜ぶ娘の姿を想像するだけで幸せだ。

 

サンタさん。本当にサンタさんがいるのなら、わたしの願いも叶えてください。

 

『どうか健康な身体に戻って、娘と幸せな生活を送れますように…』

 

いい子にするので、お願いします。

にほんブログ村 病気ブログへ
↑ランキングを確認する

このランキングも押してもらえると、めちゃくちゃ励みになります✨