七走一坐**肺がんとの共存生活**

わたしは、31歳の時に肺がんステージⅣbを宣告されました。今同じ悩みを抱えている方がいたら少しでも救ってあげたい。そんな想いからブログを書くことにしてみました。

スポンサーリンク

そして肺炎。

おはようございます。

f:id:mya111:20191225072825j:image

 

 

ここ数日ブログを更新出来ずごめんなさい。

実は、日曜の夜中から突然40度の熱が出てしまい、もしかしたらインフルエンザかもなーなんて思ってたら実は肺炎でした。

月曜日の検査結果でわかり、すぐに抗生剤の点滴を午前と午後に2回やる事になりました。

 

午前中は割と体調が良く、熱も落ち着いていますが、なぜか午後から寒気と共に熱が上がり始めます。

食欲はいつからなかったっけ?というくらい全然食べれてません。調子が良くても1/4程しかたべられず、なんだから調子が狂います。

いつもご飯の時間が大好きだったわたしはどこに行ってしまったんだろう…

今日は何作ろうか、何食べようかってわくわくさせてた時の自分が思い出せません。

気持ち悪い訳では無いんですが、食欲がないんです。

何も食べたくない。食べれない。

でも食べなきゃ免疫力も付かないし…と思い、頑張って1口食べるも、やっぱりダメ。

自分じゃないみたい。

こんなにもがんというやつは恐ろしいのかと実感しています。

 

携帯を見ることすらも辛くて、誰かに何かを報告するのもしんどい。

けど上司からも連絡来たり、旦那や母からも連絡が来るので返すのが本当にしんどかった。

とにかく寝ていたかったけど、ずっと寝るのも難しい。なかなかうまくいかず、行き場のない身体をどうしていいものかと、あちこちポジションを探したりしていました。

ようやく寝付いた頃に点滴が始まったり、終わったりするので、結局目覚めてしまい寝れなくなってしまうこともしばしば…

うまくいかないものですね。

 

レントゲンで肺炎とわかってから、どこからのバイ菌なのか調べる為、両腕から血を取られたのですが、看護師さん…アルコール綿ダメって言ったのにアルコール綿使ったり、アルコール綿用意してなくて、針が刺さったままアルコール綿を遠くに手を伸ばして取ろうとしたせいで、針がグリグリ…痛かった。

そして検尿と痰の検尿。

インフルの検査ももちろんしました。

検査も辛かったけど、なかなか下がらない熱と咳は本当にしんどい。

マイコプラズマ肺炎に2回程かかったことありますが、こんなんだったっけ?ともう忘れています。

小さい身体でよく耐えたなわたし(笑)

と我ながら褒めたくなりました。

 

そして、娘のことを考える度にまた涙。

泣いてる顔

笑ってる顔

怒ってる顔

悲しい顔

喜んでる顔

どの顔を思い出しても泣けてくるんです。

なんでなんでしょうかね?

とめどなく溢れてくる涙が止まらなくて仕方なかったです。

 

そんな日々を過ごしていました。

なので、ブログの更新遅れちゃいました!

ランキングもいつの間にやら下がっててしょんぼり…

良かったら下のボタンクリックお願いします!

わたしのモチベーションめちゃくちゃ上がります♥️(笑)

にほんブログ村 病気ブログへ
↑ランキングを確認する