七走一坐**肺がんとの共存生活**

わたしは、31歳の時に肺がんステージⅣbを宣告されました。今同じ悩みを抱えている方がいたら少しでも救ってあげたい。そんな想いからブログを書くことにしてみました。

スポンサーリンク

ありがとう。

こんにちは。

 

お久しぶりです。

なかなかブログを更新する時間が無くてこんなに遅くなってしまいました。

 

わたしはだいぶ元気になりました。

先週の水曜日の、診察ではまた肝臓の数値が良くなかったのと、アルブミン値まで下がってしまってました。

f:id:mya111:20200317164846j:image

1週間ジカディア休薬してました。

そのお陰か吐き気もなく、元気も少し取り戻しました。胃腸の調子も良くなかったので整腸剤も出して貰ったら、水下痢も良くなり、

スープばかりの生活からご飯が食べられるように。

アラブミン値戻ってるといいなあ。

体重もマイナス9Kgからプラス2Kgに。

 

そういえば、3/9は娘の4歳の誕生日でした。

産むのが本当に大変だった我が子。

陣痛時間24時間。

懐かしいなあ。それでももうこんなに大きくなって、いつも「ママ大好き!」と満面の笑顔で言ってくれる。

ありがとう。ママをママにしてくれた大切な宝物。大好きで仕方ないよ。

そして3/14はわたしの誕生日。

たくさんのおめでとうをありがとうございます。

また1つ歳を取れた事、本当に感謝、

来年も生きてお祝い出来ますように。

たくさんの優しいフォロワーさんたちのお陰でわたしは元気に生きられています。

ありがとうございます。

いつも感謝の気持ちを忘れずにいたいと思っています。

 

 

そして我が家、念願の一軒家を建てました。

がんとわかる前からマイホームを建てようと計画していて、設計の段階でがんが見つかってしまい、泣く泣くそのハウスメーカーさんは断念。

マイホームを建てることが夢だったわたし。

本当にショックでした。

でも諦めきれず、後日違うハウスメーカーさんで旦那が建ててくれることに。

いつもは本当に「嫌な奴!」って思ってたけど、夢を叶えてくれて本当にありがとう。

すごく嬉しかった。引越しの準備もわたしが入院していた為、1人でほとんどやってくれた。

念願のマイホーム。

どんなに嬉しかったことか。

お金はない我が家なのに、ちゃんと考えて建ててくれたと思ったら本当に嬉しいよ。

だから治療費の貯金が持つ限りは頑張って生きるからね。

生きて恩返しするね。

 

 

話は変わりますが、わたしがすごく応援してたご夫婦から突然ブロックされてしまいました。

それは本当にショックで…涙しました。

とても優しい奥様と、一生懸命闘い続ける旦那様。我が家とはかけ離れた本当に愛のある家庭だなといつも微笑ましく見させて貰っていました。

そんなMさんとYさんが大好きでした。

きっとわたしのだらしない態度で愛想を尽かしてしまったんでしょうね。

それでもわたしはこのご夫婦をいつまでも応援し続けます。神社に行く時も必ず最初にお願いするのはこのご夫婦のこと。それくらい生きてて欲しいと願っているからです。

どんな逆境にも負けずに乗り越えて欲しいです。わたしなんかよりもずっとずーっと長く行き続けて欲しいです。

 

本当に2人が大好きでした。

ありがとうございます。

これからも勝手に応援させて頂きます。

そして、不快な思いをさせてしまったようなことがあったのなら申し訳ございません。

この御家族に幸せがもっともっと溢れますように…

わたしはずっと願っています。